house T

ご両親の土地の一角に建つ、
延べ床70?の小さな一軒家です。

元々建っている、ご両親の家への影響を抑えるため、
建物の一部の高さを最小限に抑え、圧迫感を与えないようにと考慮しています。
そのため、建物の中は一部半地下になっており、
ステップフロアで上へ上へと上がり、
中二階のスタディルーム、ダイニング、リビング、もう一つのリビング、
そして屋上テラスへ、ひと連なりで繋がっています。

床のレベルの変化と共に、
天井もまた、低いところ、三角屋根が折上がるところが混在し、
小さな家の中に、いくつかの場所ができました。
また、様々な方位に向けて窓を開け、
場所によって、時刻によって、風と光の変化を感じられるようにと考えました。

ご家族ひとりひとりが、思い思いの場所を見つけ、
それぞれのアクティビティを楽しみながらも、
お互いの気配を感じられ、リラックスできるような家を目指しました。



狛江ビール工房

狛江にある老舗酒屋「籠屋」が運営する、
手作りビール工房とレストランです。

高さ3.5mの壁を、2.5m程度ごとに平行に並べました。
訪問者は、壁を通り抜けて奥へ奥へと進みます。
間にできた路地は、部屋であったり、庭であったり。
壁は色と素材が一枚一枚違うので、
壁を通り抜けると共に、新しい路地に出会います。
季節と共に、新しい発見があるように、
それぞれの路地には、様々な植物を植えました。

長く地元に根付き、愛されて続けてきた「籠屋」の新しい空間作り。
「日本」にこだわる「籠屋」の奥深さを、
楽しく仕掛けられたらと、計画しました。


ヒルナンデス!にて紹介いただきました。

ヒルナンデス!
"女性一級設計士のお宅覗くんデス!"
に、廣瀬と「room U」を紹介いただきました。


houseAを、「homify」に掲載いただきました。

house Aを、
「homifyに掲載いただきました。
https://www.homify.jp/ideabooks/929902

戸建ての北側の水廻りの改修です。
北側の良さを拾いながら考えた案件だったのですが、
その意図も丁寧に汲み取って、素敵な記事にしていただけました。

新建築社「JA」に掲載いただきました。


新建築社「JA」102
"若手の建築家がつくる家、そして彼らの仕事"
に、弊社を掲載いただきました。
是非ご覧下さい。

スッキリ!!にて紹介いただきました。

スッキリ!!
「失敗しない家探し!目指せハウスマイスター」に、
olioliを紹介いただきました。

olioli を新建築社「住宅特集9月号」に掲載いただきました。

olioliを、
新建築社「住宅特集9月号」に掲載いただきました。
是非ご覧下さい。




モダンリビングでご紹介いただきました。

モダンリビング2014年4月号で、
弊社をご紹介いただきました。

oli oli のHPができました。

1月にお引渡しをした、oli oli ハウス。
個人住宅ではありますが、
その環境の豊かさを地域の方々にも開放したいと、
コミュニティスペースとして様々なイベントを行っています。

http://www.oliolihouse.com/

竣工写真は5月の、新緑を待ってから。
こちらのHPアップはそれからの予定です。

oli oli は、「四季、折々」

room Uをrelife+vol.14に掲載いただきました。

room Uを、
relife+ vol.14(扶桑社)に掲載いただきました。
是非ご覧下さい。

olioli

栗林の中の一軒家です。

大きなひとつの空間の中に、
個室となる木箱を点在させました。
個室の中からも、大きな空間を眺め、
一体感を感じることができます。

木箱は少しずつ床の高さを変えていて、
それらを巡ると共に、
東西南北に空けた窓から見える、
周りの林の見え方も変わっていきます。

季節の変化、
時の変化を、家の内部に感じられるような空間を目指しました。


room U

谷中の緑を二方に眺めることのできる、
上野桜木のマンションの住戸のリノベーション。
都心に近いながらも、豊かな緑と、爽やかな風が感じられます。

70m2すべての空間を、
ひとまず大きな空間と捕らえ、
全体に光と空気をまわすことを考えました。
そこから、囲われるものを整理し、
それらを配置していくことで、角を生み、
場が生まれていきました。
それらは引き戸やカーテンによって、こもることもできるし、
それらを払って、空間と空間を繋げることもできます。

そして、
段差や色、素材によって、
空間に特徴を与えました。

ある地点にたたずむとき、
その先には光があり、そこから風が流れてくる。
少しずつ、違う空間であるものの、
どの場でも、そこに気持ちよさがある。
そんな住居を目指しました。

house A

郊外に建つ、築30年の戸建住宅の、
水周りを中心とする1階北側空間のリノベーション。
1階の北側に水周りを集中させている住宅は、とても一般的です。
しかし、北側の柔らかな光を生かし、また風通しを考慮した空間とは言い難い。
この住宅もまた、浴室、洗面室、トイレ、ダイニングキッチン、廊下と、
個々の部屋がドアと壁によって囲まれ、「暗」く、「湿気」ている印象がありました。
既存のプランを読み進めると、北側の外壁には、小さいながらも窓が多く、
郊外の住宅地らしく、隣地との距離も適度に確保されていることが分かりました。
窓を生かすため、トイレをあえて少し部屋の内側に移設し、光と風を廻しました。
「廊下」を失くし、ひとつの大きな空間の中に、キッチン、ダイニングから洗面室、浴室と、
「場」が連なるように構成しました。
北側の柔らかな光を拡散するため、「白」を基調としています。
周りの住宅の庭木の緑が、爽やかな風とともに窓からのぞき、
白の空間と対比します。
既存の枠や壁の質感の上に新しい塗装を重ね、ところどころに「時」の質感がのこり、
更新しながらも、懐かしさを感じる空間になりました。


種別   戸建住宅のリノベーション
延床面積 30 m2(対象部分)
所在地  千葉県我孫子市
施工会社 マサケン

room E / 恵比寿U邸リノベーション

恵比寿のマンションの一室の改修。

部屋は角部屋で、
長手に連なる開口部からは広尾の街が見渡せます。
戸境側に必要な諸室をハコ状に配置し、
開口部側には細長く大きなリビング空間を確保しました。

既存の壁と、新設のハコの対比を意識し、
その素材の違いを明確にしました。
ハコの諸室はひとつひとつ、違う世界をつくりだします。
既存の部屋に、カラフルなハコが連なる風景が生まれました。


種別   集合住宅の住戸のリノベーション
延床面積 55 m2
所在地  東京都渋谷区恵比寿

協働設計 雨宮知彦/UNITY
DESIGN


gym A2

浅草の「加圧スタジオ Lib」の内装設計。
真新しいテナントビルの7階に位置します。

この店舗には、三方4箇所、少しずつ違う窓が用意されていました。
集中し、アクティブな気持ちをONできる「場」、
プライベートな施術を行う「場」、
リラックスし、ほっと一息できる「場」。
更衣室の箱で場を区切り、
または床のレベルに変化をつけ、地形をつくることで、
空間は緩やかに繋がりながらも、
それぞれの窓に対して、少しずつ性格の違う場をつくりました。
外の光は刻々と変わります。
視界が様々な方向に抜けることで、
それぞれの場、またはその繋がりが生み出す景色にも、
多様の変化が生まれました。

種別 店舗内装
延床面積 55 m2
所在地  東京都台東区浅草
施工会社 丹青TDC





office G

外苑前の法律事務所の内装設計。
ワークスペースとゲストを迎える空間を明確に分け、
ゲストを迎える空間にはインパクトを、
ワークスペースには快適さを求められました。
照明を落としたエントランスを抜けると、
テーブルの集合体でつくられた、地形が飛び込んできます。
テーブルは、階段であり、打合せの椅子であり、机であり、
そして会議室のステージでもあります。
奥のワークスペースとの間は鏡で仕切られ、
これらの地形は四方に広がり、
無数に拡散する照明と共に、連なる景色を見せてくれます。

鏡の裏側のワークスペースでは、大きな窓から外苑前の風景が眺められます。
都会の喧騒の中の、落ち着ける「部屋」を目指しました。

種別   オフィス内装
所在地  東京都港区南青山


JCDデザインアワード2011に入選しました。

shop S -横浜コミュニティサイクル運営事務所 が、
JCDデザインアワード2011 BEST100に選ばれました。


shop S -横浜コミュニティサイクル運営事務所

横浜市ではじまった、コミュニティサイクルのサービス拠点の内装デザイン。
この場所では、コミュニティサイクルの利用者の案内、会員登録とともに、
休憩や街の情報収集をすることができます。
海や空をイメージさせるブルーの点線が、
この部屋のドア、窓、壁や天井といった空間の輪郭を縁取っています。
点線は棚やフックになったり、椅子や机の大きさになったりしながら
部屋を駆け巡るとともに、いくつもの横浜のランドマークたちにも
形を変えて繋がっていきます。
サイクリングマップがそのまま折りたたまれて空間化したようなデザインによって、訪れた利用者が横浜の街で様々な出会いや発見を期待し、
楽しい気持ちで自転車で出掛けていく場所となることを目指しました。


種別 店舗内装
延床面積 50 m2
所在地  桜木町
協働設計 小林国弘/コバヤシクニヒロデザインラボ 雨宮知彦/UNITY
DESIGN
施工会社 アートプロジェクト


西麻布U邸リノベーションをrelife+vol.5に掲載いただきました。

西麻布U邸リノベーションを、
relife+ vol.5(扶桑社)に掲載いただきました。

是非ご覧下さい。

gym A  オープンハウスのお知らせ

gym Aが完成しました。

お施主様のご厚意により、
オープンハウスを開催することになりました。
日時
2010.9.19 Sun
am 11:00 - pm 16:00
東京都台東区浅草橋1-22-3 2階
「加圧スタジオ Lib」

当日、
アロマコーティネーター
「Cardamon Corp」の山本亜紀子さんが、
素敵なアロマ空間をつくってくれます。

お気軽にお立ち寄りください。

*お施主様の大事な店舗です。丁寧に内覧頂けますよう、ご協力お願いします。

gym A

浅草橋の「加圧スタジオ Lib」の内装設計。
このスタジオは、
人本来の美しさを引き出すことを目的にしています。
ナチュラルでリラックスした空間であると同時に、
適度に集中でき、
ここでトレーニングする人の、向上心を「ON」にする、
「舞台」が求められていると解釈しました。

更衣室等の小さなハコを内包した、白いハコ。(赤系の光)
トレーニングする「舞台」である木のハコ。(青系の光)
テナントという大きなハコに、
それらを組み合わせてポンとおきました。

ハコとハコの質の違いが生み出す関係から、
緩やかに繋がりながらも、
少しずつ違う風景を作り出すことを考えました。

種別   インテリア設計
延床面積 71 m2
所在地  東京都台東区浅草橋
施工会社 丹青TDC

HPをオープンしました

seets(シーツ)のHPをオープンしました。



WORLD2010コンペ「メリーゴーランド」

アパレル企業WORLDの主催する、WORLD2010のコンペに応募しました。

共同設計 雨宮知彦/UNITY DESIGN

洋服を吊るした大きなリングをまわしながら、人々が服を選びます。
リングは三連になっているので、
服と服がくるくると重なり合って、いくつもの組み合わせに出逢います。

向こう側で選んでいる人と息を合わせながら。
服と人の、何気ない出逢いであるとともに、
人と人の、何気ない出逢いになる。
そんな場所を求めました。




インターコンチネンタルホテル国際コンペ

アルメニアのインターコンチネンタルホテルのコンペに応募しました。

共同設計             雨宮知彦+犬塚博紀/UNITY DESIGN
構造設計             坪井宏嗣
電気・設備計画   遠藤和広/EOS plus
         山下直久/Comodo設備計

room N/西麻布U邸リノベーション

relife-s.jpgのサムネール画像  relife+ vol.5に掲載されました

青山霊園の緑に臨むマンションの一室の改修。
水回り、ベッドルームをコンパクトにまとめ、
リビングルームを可能な限り大きく、外部に広がるように配置しました。
つややかなリビングの床が、窓からの光や霊園の緑、空の青を柔らかく反射します。

種別 集合住宅の住戸のリノベーション
延床面積 45 m2
所在地  東京都港区
協働設計 雨宮知彦/UNITY
DESIGN
施工会社 マサケン


アーカイブ